陰部の臭い対策|こうやって改善していきましょう

陰部の臭いを対策しましょう。独特な陰部の臭いを正しいケアでしっかり改善!?
MENU

陰部の臭い対策|使い切りビデに関して

女性の陰部は膣の中での細菌の繁殖などが起因で、臭いやすい場所です。
しかし、膣洗浄をすればその臭いを解消できるかもしれません。

 

膣洗浄と使い切りビデ

最近、膣洗浄に関して人気なのが「使い切りビデ」というアイテムです。
これは、膣を洗う作用が備わった放水グッズです。
トイレのウォシュレットをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

これを膣の中に入れて、内部を洗うのです。

 

使い切りビデの構造は?

ノズル付属のボトルがあり、その中に精製水を入れるというシンプルな造りです。
膣の中に傷を作りにくい柔らかい素材です。

 

このノズルを膣の中に入れて、ボトルを握ると、
ノズルから精製水が噴き出します。それによって膣の中が綺麗になるのです。

 

いつ使えば良いのか?

洗浄できれば綺麗になりますし気分も良いですから、頻繁に使いたくなるかもしれません。
しかし、あまりに洗浄し過ぎると逆効果になる可能性が高いです。
ですから「特定の時期に使う」というような工夫をしましょう。

 

お勧めなのは、生理が終了してからの、おりものの分量が多くなる時期です。
生理中とその前後のおりものは臭いやすいのです。
なぜなら、悪臭のする経血などがおりものに入ってしまう場合が多いからです。

 

 

利用上の注意点

安全な精製水を使って洗うわけですから、膣への負担は非常に小さいです。
ただし、注意点もあります。

 

使い過ぎないようにしましょう

使い切りビデは洗浄効果がかなり高く、膣の細かい部分の汚れまで除去する事が可能です。
それ自体は好ましい事でしょうが、それゆえに膣の中の自浄効果
(自分で膣を綺麗にする機能)を支えている常在菌まで取り除いてしまう場合があります。

 

ですから、1か月に付き2〜3度の使用に抑えておくのがお勧めです。
繰り返しになりますが、やはり生理後などですね。

 

1回で捨てましょう!

やろうと思えば簡単に精製水を注ぎ直して、再利用ができてしまいます。
ただし、見た目以上に汚いので絶対に止めて下さい。

 

「使い切り」ビデ、という名称の通りですね。

 

あそこの臭いの原因「すそわきが」

わきがとは脇下から独特の臭いがする一種の病気で、医学的な名称は腋臭症と言います。
わきが自体はその臭いが強いので周囲に迷惑になるだけですから、病気というほどのことではありません。
なお、デリケートゾーンの「わきが」を「すそわきが」と呼びます。

 

 

「すそわきが」の発生メカニズム

わきがという名前がある通り「すそわきが」の発生メカニズムは、わきがと同じです。
人体には体温を本能的に調節したり、体内の老廃物を体外へ排出するための毛穴が無数にあります。

 

汗腺にはサラッとした水分が大半のエクリン汗腺と、体内の不要なたんぱく質や脂肪、
アンモニアなどを排出するアポクリン汗腺があります。

 

「すそわきが」はアポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり、
それが肌に棲みついている菌で分解されることで発生する悪臭です。
その場所がデリケートゾーンなので、わきがと区別して「すそわきが」と呼ばれます。

 

「すそわきが」の特徴

アポクリン汗腺は身体の部分で言えば、主として、脇下、デリケートゾーン、
乳首周りや耳の中などに多く存在します。
そして、悪臭が発生するメカニズムは同じですから、脇下の「わきが」がある人は、
デリケートゾーンの「すそわきが」もある場合が多いようです。
また、耳については、軟耳垢もアポクリン汗腺が異常に分泌する症状で、このような人の多くが「わきが」だとのことです。

 

 

「すそわきが」と食生活

わきがも「すそわきが」も、動物性タンパク質や脂肪分の多い食生活だと強くなる傾向があるようです。
それはこのような食材がアポクリン汗腺の作用を活発にするためです。
したがって、「すそわきが」の改善には食生活の見直しが必要とされています。

参考元:アソコ臭い

 

 

「すそわきが」と遺伝

実は、「わきが」は優性遺伝によることが多い体質的なものです。
たとえば両親が「わきが」だと、子どもが「わきが」になる確率は75%以上とのことですが、
これは体質的な遺伝によるアポクリン汗腺の数が関係しているようです。
つまり「すそわきが」は、ある意味では遺伝で生じる体質が関係するようです。

 

すそわきがの2通りの治療方法

すそわきがで悩む人はいろいろな方法で陰部の嫌な臭いを消そうと考えるでしょう。
こうすればすそわきがの臭いが改善できるという記事がネット上にたくさんあります。
ここで、すそわきがの治療方法を説明しますが、それは保存療法と、手術療法です。

 

すそわきがの保存療法

保存療法では、すそわきがの原因であるアポクリン汗腺をそのままにします。
つまり日常生活でさまざまなケアをすることで、すそわきがの臭いを最低限に抑えます。
たとえば、デリケートゾーンの無駄毛をきちんと処理します。

 

加えてアルコール消毒をおこないますが、具体的にはエタノール水溶液
あるいはイソプロパノール水溶液で汗を拭きとります。
ただし、アルコールが合わない敏感肌もあるので注意しましょう。
また、悪い雑菌の侵入を防ぐ役目をする善玉菌を拭き取らないような注意も必要です。

 

保存療法には制汗剤の使用もありますが、これは極めて一時的な処置と考えましょう。
また、ボトックス注射は1回の注射で4ヶ月ほど汗腺からの汗を止める効果があります。
そのほかには、石鹸などはデリケートゾーン専用のものを使い、
正しい方法でデリケートゾーンを洗います。

 

 

すそわきがの手術療法

すそわきがもわきがも、手術という方法で臭いを止める方法があります。
それは、根本的な原因であるアポクリン汗腺の発汗作用を止める手術です。
ただし、自然の摂理には反しますから、どうしようもないという最後の手段として考えましょう。

 

 

すそわきがとじょうずに付き合う

すそわきがは確かに好ましい臭いではないでしょう。
しかし、あってはならないという臭いでもないのです。
アポクリン汗腺からの汗をじょうずにケアすることで、かなり臭いを軽減できます。

 

また、陰部の臭いは異性を惹きつけるフェロモンでもあり、絶世の美女と言われる楊貴妃にも、
この臭いがあったという説もあるようです。
もしかするとパートナーには気にならない臭いなのかもしれないのです。

 

このように考えれば、一概にすそわきがを頭から毛嫌いするのは考えものです。
つまり、すそわきがとじょうずに付き合うことを考えるのも、
ひとつの治療方法と言えなくもないようです。

 

デリケートゾーンをセルフケアする人が注意したいこと

陰毛をケアする女性は多いと思いますが、間違ったケアをしていませんか?
今回は正しい方法をお教えします。

 

プロに任せるか自分でケアするか?

デリケートゾーンのケアといっても、サロンに通ってプロにケアしてもらう人も
いれば、自分でケアしている人もいると思いますが、正しいケアの方法を、
自宅でケアしている人は特に知っておかなければいけません。

 

自己ケアのメリットとデメリットは?

なぜ多くの女性が自己処理を望むのかといえば、自分のデリケートゾーンを
処理してもらうことに、抵抗があるからではないでしょうか。

 

プロなので慣れているだろうとはいっても、羞恥心が拭えないこともあると思います。
また、金銭的にはやはり自己処理のほうが大幅に節約できます。

 

そして好みの通りに気が向いたときにケアできるのは、わざわざサロンに行く
スケジュールを組まなくてもいいですし、精神的に負担にならなくて良いですね。

 

しかし、やはりデメリットは、肌が剃刀などで荒れてしまう、処理頻度が
増えてしまい億劫といった点があるでしょう。

 

 

注意して自宅ケアを行いましょう

デリケートゾーンは、敏感であるからこそ、その名がついているものです。
自分でケアを行う場合は、デリケートな部分を扱っているという心持ちで、
傷つけないようにやさしく、保湿もしっかりと行って、大事に扱ってください。

 

できればサロンで処理を施してもらったほうが、自分は不器用だとか、
大ざっぱだとか思う人にとっては、安心かもしれません。

 

 

デリケートゾーンのケアの方法

デリケートゾーンのケア方法には、ワックス、毛抜き、脱毛クリームなどいろいろな方法があります。
その中でもワックスや毛抜きを利用している人は多いと思います。

 

注意したいのは、ワックスの場合、自分の肌と合っているか見極めること。
また、やみくもに抜くのではなく、肌に負担がかからないよう丁寧に抜くことが、
毛抜きでのケアでは大事です。

 

自分の肌と合うかどうかをきちんと確かめることが重要なのは、脱毛クリームでの
ケアでも同じです。脱毛クリームはしっかりした毛が残りやすいというところが
ありますが、手軽にケアできるため、こちらも利用している人が多い方法ですね。

 

そして近頃「ヒートカッター」という言葉もよく聞くようになりました。
剃刀を使用した際、短い毛が生えてきたときにチクっとしがちですが、

 

このヒートカッターはこのチクっとする感触が少ないのが特徴です。
毛の先端部分が丸くなるようにカットできるためです。

 

どの方法を利用するにせよ、デリケートゾーンのケアは丁寧に注意深く行うことが最重要です。
あそこの臭いを改善

 

 

更新履歴
このページの先頭へ